ローディング
しばらくお待ちください

ナビゲーション

製材

ホーム製材
ホーム製材

創業80有余年の製材所

私たち太洋は昭和初期の製材機のない時代に「きこり」が切り出してきた木を加工することから始まりました。現在では、地元長野県産材から国産材・輸入材に至るまで様々な木材・建材を取り扱っています。

製材にあたっては「木材の付加価値を優先」「お客様のニーズ」を優先して1本1本丁寧に製材します。 各工程の職人が在庫状況や売れ筋商品の情報を共有することで、無駄な在庫をかかえる事なく、より良質な製材品をいち早くお客様へ届ける努力をしています。

私たち太洋は自社製材工場で「木材の仕入れ」「木材の加工」が出来るので本物の「木の家づくり」を実現出来るのです。

製材
プレカット

プレカット加工

プレカット加工とは、住宅を構成する木材を建築現場に持ち込む前に、あらかじめプレカット工場で適切な形に切断・加工しておく加工法です。

従来、大工さんや職人さんが手作業で行ってきた木材の加工を、弊社プレカット専門担当者が木造住宅の平面図や立面図等を基に、加工データを作成しコンピューターに入力することにより加工機械が自動的に加工します。こうすることで、加工精度の高い柱・桁・梁等の構成材、羽板材、パネル等を生産することが可能になっています。

プレカット加工によりスピーディーに高品質な製品を供給することができ、現場作業の効率化を促し、従来の自由設計、在来工法に比べ大幅に工期短縮が可能になりました。また、プレカット工場で部材製品化をするので現場における廃材を最小限に抑えます。