ローディング
しばらくお待ちください

ナビゲーション

家づくりの特長

ホーム 太洋の家づくり 家づくりの特長
ホーム 太洋の家づくり 家づくりの特長

100年の木の家(大スパンの木の家)

木材は他の建設資材と比べ、軽く、強度があります。同重量における引っ張り強度は鉄の4倍、曲げでは15倍にもなります。このことから鉄骨造、鉄筋コンクリート造と比較すると、コストパフォーマンスに優れた建設資材と言えます。

集成材は品質にばらつきがなく、強度性能が安定した木質系材料です。中間に柱を持たない大スパンの空間に梁や桁として用います。自由な形状寸法の部材製造が可能なため、長大材や湾曲材を使用したり、構造計算に基づいて必要とされる強度の部材により、木造3階建てやロングスパンのダイナミックな空間を確保することができるのです。

品質・強度が安定している大断面集成材は、鉄骨造に劣らない程の強度の躯体を実現し、その耐用年数は100年以上と言われています。

大スパン
プレカット

プレカット加工

プレカット加工とは、住宅を構成する木材を建築現場に持ち込む前に、あらかじめプレカット工場で適切な形に切断・加工しておく加工法です。

従来、大工さんや職人さんが手作業で行ってきた木材の加工を、弊社プレカット専門担当者が木造住宅の平面図や立面図等を基に、加工データを作成しコンピューターに入力することにより加工機械が自動的に加工します。こうすることで、加工精度の高い柱・桁・梁等の構成材、羽板材、パネル等を生産することが可能になっています。

プレカット加工によりスピーディーに高品質な製品を供給することができ、現場作業の効率化を促し、従来の自由設計、在来工法に比べ大幅に工期短縮が可能になりました。また、プレカット工場で部材製品化をするので現場における廃材を最小限に抑えます。